婚活サイトが向いている人と向いていない人

婚活サイトが向いている人は、「メールが得意な人・マメな人」、が1番に挙げられます。

婚活サイトは婚活パーティー等とは違い、マッチングしたら、先ずメールから第一歩が始まりますので、メールが得意な人、活字・メール好きな人には向いています。サイトの規約にも有る通り「先ずは1通目のメールから」なので、メールで話が弾まないと「終了」、になってしまいます。

(余程で無い限り、いきなりLINEに誘導して電話する事は無いと言って過言では有りません。もしそんな人が居たら「業者」だと疑って下さい。)看護師(ナース)の出会い

後、「容姿に自信が有る人(美人・イケメン)」も、婚活サイトでは間違い無く人気が出ます。(写真を撮るのが上手な人、とも言えます)後、人気が有るのは「国家公務員」等の安定職に就いておられる方、「医師」等、医療機関勤務の方も人気が高いので向いていると思います。

婚活サイトが向いて無い人は、「メールが面倒な人。筆無精な人」です。マッチングしたら、先ずメールが第一歩なので「メールは面倒臭い」と思う人には、どんなに恋人が欲しくて、年収が高く、容姿端麗でも向いていません。

会話が続かなければお話にならないし、更に活字が嫌いだと、プロフィールもきちんとした物が書けません。写真だけでは意味が無いので、先ずお勧め出来ません。(下手したら評判が悪くなります)後、サイトに写真掲載をしないとマッチングの成功率が全く上がらないので、「極度の写真嫌い・写真掲載が難しい人」も向いていません。

実際に登録してみると分かると思いますが、風景写真のみだけではどんな人なのか一切解らないので「写真リクエスト」が来るので、結局は写真掲載は必要になります。周囲にバレたら困る等、様々な理由で写真が掲載出来ない人もあまり向いてはいません。(中には「マッチング後に写真を送ります」と記載している人がも居ますが、そういう方で容姿端麗の方は殆ど見た事が有りません。イイネした分ややこしい話になります)

本気で婚活サイトで婚活をしようと思ったら、雰囲気だけでも(ぼやけた加工でも)スタイルが判る位の写真は必要にはなります。それも難しいなら、お勧めは出来ないと言えます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク